コンテンツにスキップする
:::

新北市ニューアート新北市博物館と芸術文化情報

フォントサイズ:
グレード細字
単語レベル
レベルのキャラクター

 

カバーストーリー。

1884 滬尾─ 10 月、歴史を再現 

今から135 年前の10 月、今もなお川岸に立つ得忌利士洋行、税関埠頭、紅毛城が大砲で襲撃されました。また、戦争の火がまだ残る中、巨大な滬尾炮台が建設されました。今年10 月、淡水古蹟博物館は「清仏戦争 滬尾之役 歴史的シーン再現計画」をスタートさせ、大型エピックドラマ「戦祭」により歴史的な物語を演舞します。国際的な学者が集い、研究討論や交流を行い、物語、体験、映像、生活、歴史の5 大会場により、皆様を1884 年にご招待して、淡水の古い秘密を探索いただきます。

 

        

 

 

物語館 X 映像館 時の物語を語る

「物語館」は淡水老街の得忌利士洋行に位置し、ガイド情報ステーションとなっています。各種物語のアングルと感覚的体験により、戦いのさまざまな側面を探求いただきます。淡水税関埠頭の「映像館」では、生き生きとした興味深いインタラクティブテクノロジーと映像により、大人も子供も百年の時を超え、かつての戦場へと誘います。

 

 

  

 

体験館 X 軍史館 北門の秘密のカギを解除 

同様に税関埠頭に位置する「体験館」では、テクノ ロジーにより戦争現場を濃縮し、ビジターは清の兵士や浜辺から上陸するフランス兵となり、作戦の苦難を体験いただけます。滬尾炮台に位置する「軍史館」では、積み重ねられた歴史の記憶を映像や音響のマルチメディアで再現し、バーチャルリアリティと統合し、1884 年の戦争の歴史的シーンを再現します。炮台の建設と歴史的進化を語り、台湾のこの戦争後の大きなシフトを示します。

 

洋人生活館 かつての淡水における異国住民を垣間見る

淡水紅毛城、英国領事官邸をベースとする「洋人生活館」は、英国領事の視角から、淡水における異国住民の淡水の食・衣・住・交通を学ぶことができます。英国領事の淡水での生活の宴に足を踏み入れてください。

 

皆さんで是非、淡水を訪れ、史跡のタイムマシーンに乗り、1884 年のあの日に戻ってみてください。

 

 

 

        

 

1884 滬尾─ 10 月、歴史を再現

10/01 より

新北市立淡水古跡博物館

02-2621-2830

www.battle-of-tamsui.com.tw

 

TOP